ホーム > チャーム > Kunzite coronal charm /クンツァイト

Kunzite coronal charm (クンツァイト コロナル チャーム)

  • 浄化済
  • チャージ済み

千の愛情表現と救いの手立てを用いて、人々を高みへと誘う美と愛の伝道者に。

ブラジル産のクンツァイトをチャームにしました。

少しパープルがかった淡いライラックピンク、素晴らしい透明感と美しいテリを持ち合わせた石は、大人の女性にぴったりの可憐かつ上品な魅力を漂わせています。 マットな金枠は、まるで王女様の冠のような美しい透かしを施し、4つの爪で留めるクラウン(王冠)型に仕上げました。

愛という手がいつでも差し伸べられていることをあなたに教え、すべての感情や体験を愛へと昇華し、心の痛みや孤独から解放してくれる石、クンツァイト。 優雅で気品あふれる優しい煌めきを、ぜひお手元にてお楽しみください。

Photo

photo

photo
photo
拡大 Prev Next

photo

photophotophotophotophotophotophoto

Details

               
クンツァイト
素材 18金
サイズ 石:約7mm(縦)×約5mm(横)
金輪内径:約5.5mm(縦)
コーディネート商品(別売)こちらをご覧ください。
備考

Kunzite coronal charm /クンツァイト

  • 期間限定30%OFF

商品番号 CN150724-021

24,700円(税込)

会員限定

会員特別価格17,290円(税込)

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

BASIC READING -パワーストーン基礎情報-

石のパワーポイント

愛、慈悲、霊性、悟り、救いの手、救済、寛容、真理、教え、導き、教育、向上、熟知、叡智、秩序、理路整然、清潔、落ち着き、理解

こんな効果を求める人に

  • 悟りをひらきたい
  • 愛と霊性について学びたい
  • スピリチュアリティを高めたい
  • 全ての感情、体験を愛へと昇華させたい
  • 確かな愛を育みたい
  • 他者の心の痛みが分かる人でありたい
  • 愛をもって人の助けになりたい

メンテナンスの仕方

スマッジング(セージ、お香)、月光浴、クリスタルクラスター、音叉、塩

鉱物スポデュメンの一種である、ライラックピンク色のクンツァイトは、発見者であるクンツ博士に由来して、その名が付けられたと言われています。スポデュメンとはギリシャ語で「燃えて灰になる」を意味しています。

クンツァイトは、千手観音そのものです。
高い霊性と、この星を楽に覆い尽くせるほどの広大な愛をもち、はかり知れないほどの慈悲深さで、全ての者に救いの手を差し伸べています。

クンツァイトの愛は、あらゆる場所、時間、眼差し、そして隣人の手の中に潜んでいます。
あなたが曇りなき眼で世界を見るならば、すぐ様そのことに気がつき、自分は常に愛の手によって助けられ、育てられていたのだと理解できるでしょう。
それは孤独との決別です。「自分はずっとひとりぼっちで生きてきた」などと、二度と言うことは出来なくなります。

この石は、千の愛情表現と救いの手立てを用いり、人々を高みへと誘っていきます。
優しく、時に厳しく、あらゆる体験によって悟りの道を歩ませ、あなたが日々向上していくのを喜びとしています。
その名を呼べば目の前に現れますが、常に全範囲を感知しており、また遥か遠くで光を放ち続けてもいます。

その光は導きであり、クンツァイトの慈悲の表れでもあります。 ですが、ひとり高みに立ち人々を見下ろしてはいません。自ら全ての業に触れ、自身で味わった後に愛で焼き尽くし、昇華できた存在です。
そのゆえ人々の心の痛みや悲しみを誰よりも理解しており、放っておくことなど考えにも及びません。
この石が愛を伝達し、人々の霊性を高めたいと思うのは、そうした苦しみから万人を解放し、その幸福を願うからなのです。
そしてその手段を、その手にしています。

愛に到達したクンツァイトがそばにいる限り、あなたの歩みが「愛の道」から外れることは決してないでしょう。

天然石について

天然石は、石特有のインクルージョン(液体や小さな結晶)が見られます。傷やヒビではございません。インクルージョンは人間でいう指紋のようなもので、種類や形は様々です。
また、写真と比べ微妙な色の違いが見られることがあります。可能な限り現物に近い色での撮影を心がけておりますが、光の具合によって印象が変わるのは天然石の特徴でございます。予めご了承ください。

事前にご確認下さい

手作りで製作しておりますので、個々の石の色の濃淡や、配置、サイズ等が写真でご覧いただく状態と若干異なる場合がございます。
なるべくお客様の印象と違わないよう様々な写真を掲載しておりますが、多少の差があることをご理解いただけますようお願い申し上げます。

この石は強い光に弱い特性があります。
通常お着けいただく中で、急に色がなくなった、ということはありませんが、直射日光に長時間置くと退色する恐れがありますのでお気を付けください。