ホーム > 再入荷 > Emerald rim ring /エメラルド

Emerald rim ring(エメラルド リム リング)

  • 浄化済
  • チャージ済み

癒しの光を集めるナイチンゲールのような力。誠実で思いやりに溢れた空間を築いて。

ブラジルより産出されたエメラルドを使用した、リングのご紹介です。

カリブ海の大海原を思い起こさせる、明るく鮮やかなカラーと瑞々しい透明感が美しいストーンを厳選しました。 金枠部分はシンプルながらも、職人の手作りしたフォルムとマットに整えられたテクスチャに、どこか温かみを感じます。 またストーンの両脇部分には、さりげなく節目を入れ遊び心も加えました。 ひとつでも十分に魅力的ですが、他のリングやアイテムとのコーディネートも存分にお楽しみいただけます。

聡明な優しさ、思いやりの心、清純で柔和な美しさといった女性らしい温かなエネルギーを醸し出すエメラルドは、あなたの心を落ち着け、周囲も自分も希望に満ち、安らげる空間を作り上げていく手助けをしてくれるはずです。 女性的な華やかさと知性を引き立ててくれる逸品を、ぜひお手元にてご覧ください。

Photo

photo

photo
photo
拡大 Prev Next

photo

photophotophotophotophotophoto

Details

エメラルド
素材 18金
サイズ 石:約4.0mm(縦)×約6.0mm(横)
9号(円周49.2mm)
12号(円周52.4mm)
コーディネート商品(別売) こちらをご覧ください。
備考

癒しの光を集めるナイチンゲールのような力。誠実で思いやりに溢れた空間を築いて。Emerald rim ring /エメラルド

商品番号 R131129-001

42,000円(税込)

サイズ  
9号 ×
12号

△:残りわずかです
×:申し訳ございません。完売いたしました。

数量
入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

BASIC READING -パワーストーン基礎情報-

石のパワーポイント

愛、聡明、癒し、献身、優美、思いやり、配慮、安らぎ、叡智、誠実、忍耐、明晰、成功

こんな効果を求める人に

  • 聡明な優しさをもちたい
  • 自分や周囲を癒したい
  • 愛情を育みたい
  • ビジネスシーンでの活躍
  • 洞察力を高めたい

メンテナンスの仕方

スマッジング(セージ、お香)、クリスタルクラスター、月光浴

エメラルドはアクアマリンと同じベリル(緑柱石)の一種です。エメラルドは鮮やかな美しさだけではなく、見る者の心が砕けてしまいそうな程の優しさがあり、その知性、忍耐力には驚かされるばかりです。まさに生き方も美しい才色兼備の石と言えるでしょう。

癒しのハートに呼応しており、周囲に対し安らぎを与え、信頼に対しても献身的に応えようとします。また聡明で明快な知性もあわせ持ち、的確な指示を出すことや、人を立てながらも自身のやるべき事を成すのが得意です。そのため周囲を傷付けずに才能を発揮していくことを教えてくれるでしょう。
あなたの歩いた後には花が咲き、知らず知らずの内に多くの支持者が列を成すはずです。奉仕の心のそばに、あるいは様々なビジネスシーンで素晴らしい後押しとなることでしょう。

豊かさや成功もさる事ながら、恋愛や結婚が長く持続するように、パートナーへの配慮や献身さも喚起してくれます。また持つ者に対しても忠実で誠実です。持ち主が欺かれたり裏切られようとしている時にはその輝きを変え知らせてくれるでしょう。それはエメラルドがもつエネルギーと正反対のためです。持ち主自身が不誠実な時にも同様に輝きを失っていく事でしょう。また硬度自体は弱くはありませんが、一方向の衝撃に弱いので取り扱いには注意が必要です。

天然石について

天然石は、石特有のインクルージョン(液体や小さな結晶)が見られます。傷やヒビではございません。インクルージョンは人間でいう指紋のようなもので、種類や形は様々です。
また、写真と比べ微妙な色の違いが見られることがあります。可能な限り現物に近い色での撮影を心がけておりますが、光の具合によって印象が変わるのは天然石の特徴でございます。予めご了承ください。

リングサイズのお直し

■ リングサイズお直しをご希望されるお客様は、有料(基本料金¥2,000+送料)にて承っております。
ただし、大きいサイズに直す際は料金が異なります。

■ 商品到着前にサイズのお直しをすることはできません。実際のリングをご確認後、サイズをご検討いただき、お問い合わせフォームまでご連絡ください。

リングサイズの測り方

■ 簡単サイズの測り方

  1. ご自身の指周りをヒモで巻きつけます。
  2. ぐるっと一周した部分の端にマジックで印をつけます。
  3. 端から、印部分までを定規で測ります。