ホーム > チャーム > その他 > Tanzanite round charm /タンザナイト

Tanzanite round charm (タンザナイト ラウンド チャーム)

  • 浄化済
  • チャージ済み
行く末を見透し、多くの味方を率いる魔法のような才能が芽吹く
タンザニア産のタンザナイトを使用した、チャームのご紹介です。

「キリマンジャロにかかる夕暮れ時の空の色」と言われその名がついたタンザナイト。自然光下では美しい郡青色、夜のライトのもとでは紫色が強く感じられたりと、見る角度によって青と紫の変化が楽しめる不思議なストーンです。この独特で不思議な色合いは、多くの人々を惹きつけてやみません。

その中でも特にタンザナイトらしい美しいカラーの石を厳選しました。こちらの石は透明感も素晴らしいため、深みのある色合いにさらに奥行きが生まれ、いつまでも眺めていたくなるような輝きを放っています。

一見するとラウンド型の石を4つの爪で留めたシンプルなデザインですが、裏側にミル打ちを施し細部にまでこだわって作り上げました。

精霊たちが棲まう聖なる泉からこぼれ落ちた滴のような神性を感じさせる輝きを、どうぞお手元にてご覧くださいませ。

.

.......
.
拡大 Prev Next

Details

タンザナイト
石サイズ 約5.5mm
サイズ 金輪内径:約4.1mm × 約2.9mm
素材 18金
備考

行く末を見透し、多くの味方を率いる魔法のような才能が芽吹くTanzanite round charm /タンザナイト

商品番号 CN190320-024

36,800円(税込)

数量
入荷お知らせメール
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

BASIC READING -パワーストーン基礎情報-

石のパワーポイント

ゆとり、魔法、浄化、清廉潔白、超然、直観、清い、決断力、判断力、透明、明晰、流れにのる、自然界、柔和、的確、心の豊かさ、調和、仙人

こんな効果を求める人に

  • 澄み渡る心をもちたい
  • 落ち着きをもっていたい
  • 流れに身を任せたい
  • 判断力や決断力を高めたい
  • 直感を研ぎ澄ませたい
  • 柔和な人間関係を築きたい
  • 場を調和させたい
  • 浄化されたい

メンテナンスの仕方

スマッジング(セージ、お香)、月光浴、クリスタルクラスター、音叉、塩

<キリマンジャロにかかる、夕暮れの夜空の色>と喩えられた「タンザナイト」は、本来「ゾイサイト」という鉱物名が正解です。ですがアメリカの宝石会社によって産出地を由来とする「タンザナイト」という名称が与えられ、それが現在では世界的に定着した呼称となっています。

タンザナイトは、自然界とその精霊たちをもあやつれる魔法使いのような存在です。

あやつると言っても、それは個人的な欲求からではありません。
全ての存在にとっての善きことの為に、自身が保持している魔力を使っていくのみです。
その魔法は多岐にわたり、また大きな影響力をもっていますが、往々にして自然界の大きな流れが極端に乱されないよう注意を払っているといった風情です。
ときに竜を呼び寄せ雨乞いの儀式を行い、ときに木々の精霊たちと共に森へ迷い込んだ者達を人里へ帰れるよう誘導することもありますが、この石がもたらすエネルギーによりその周辺の場が清められていることで問題が大きくならないと言えるでしょう。

この石の信条は大いなる流れと共に生きることであり、それを実践できる明晰さと優れたパワーで満ちあふれています。
その姿勢は清々しいほどに真っ直ぐでありながら、何ものにも抵抗しない柔らかさを兼ね備えています。
それゆえ周囲との軋轢や摩擦とは無縁に、調和をもたらしていく素晴らしきリーダーでもあるのです。

この石と過ごすことにより、あなたのエネルギーは浄化され、世界観や振舞い方が変化していくに違いありません。
焦りを手放し、人生の流れを読めるようになった安堵感はなにものにもかえがたいものだと知るはずです。
ゆとりを持つ者の心情とはこういうものなのかと、身を持って体現していけることでしょう。

天然石について

天然石は、石特有のインクルージョン(液体や小さな結晶)が見られます。傷やヒビではございません。インクルージョンは人間でいう指紋のようなもので、種類や形は様々です。また、写真と比べ微妙な色の違いが見られることがあります。可能な限り現物に近い色での撮影を心がけておりますが、光の具合によって印象が変わるのは天然石の特徴でございます。予めご了承ください。

事前にご確認下さい

手作りで製作しておりますので、個々の石の色の濃淡や、配置、サイズ等が写真でご覧いただく状態と若干異なる場合がございます。なるべくお客様の印象と違わないよう様々な写真を掲載しておりますが、多少の差があることをご理解いただけますようお願い申し上げます。