ホーム > ネックレス > チェーンタイプ > Morganite pear shaped necklace /モルガナイト

Morganite pear shaped necklace(モルガナイト ペアシェイプ ネックレス)

  • 浄化済
  • チャージ済み
清らかで洗練された品のある魅力を放ち、愛する人の身も心も虜に
ブラジル産のモルガナイトを使用した、ネックレスのご紹介です。

モルガナイトは、アクアマリンやエメラルドと同じ「ベリル」という石のグループに属しています。ピンク色の発色はマンガンに由来し、高い透明感と花びらのような可愛らしいピンクカラーが特徴的な美しい石です。
淡く優しい桜色のストーンを艶やかな18金で囲み、華やかな煌めきと上品な雰囲気を持つ逸品に仕上げました。

満開の桜の花霞が放つ優しい香りが今にも漂ってきそうな、この石の清らかな世界。この石から溢れ出る精妙な愛を身体の奥にまで染み渡らせれば、着用している本人のみならず、周りにいる人々の心さえも深く癒してくれることでしょう。微粒子のように繊細な癒しの光で、心の奥深くに眠る悲しみや怒りをも浄化してくれるに違いありません。

慈愛に満ちた温かなエネルギーを、ぜひお手元にて感じてみてください。

.......
.
拡大 Prev Next

Details

モルガナイト
石サイズ 約3mm×約5mm
素材 18金
サイズ 長さ:約38cm〜約40cm
※アジャスターにて調節可能
備考

清らかで洗練された品のある魅力を放ち、愛する人の身も心も虜にMorganite pear shaped necklace /モルガナイト

商品番号 NK181226-022

35,000円(税込)

残りわずかです

数量
入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

BASIC READING -パワーストーン基礎情報-

石のパワーポイント

愛、許し、癒し、純化、浄化、慰め、配慮、精妙、繊細、純粋、清純、優しさ、優美、慈愛、慈悲、友愛、謙遜、献身、敏感、儚さ

こんな効果を求める人に

  • ありのままの自分を許し愛したい
  • 愛し愛されたい
  • 心の傷を癒したい
  • 怒りや悲しみを手放したい
  • 純粋で優しい人になりたい
  • 周囲に認められたい

メンテナンスの仕方

スマッジング(セージ、お香)、月光浴、クリスタルクラスター、音叉

モルガナイトはエメラルドと同じベリルの一員であり、その名は宝石コレクターであったJ. P. モルガン氏にちなみ名付けられたと言われています。

モルガナイトは、精霊の瞬きのような静けさと白鳥の羽のような清らかなエネルギーで出来ています。驚くほど透き通った微粒子の愛が、どこまでも隙間なく広がり、最後には儚く消えてしまうのではと思わせる、現実とも幻ともつかない美しい世界を顕現させています。

あまりに微細で控えめなため、一見そこには何も無いかと思わせますが、訳もなく甘く切ない涙があふれ出すことで、その世界が実在していることに気づかされる事でしょう。いつの間にか精妙で柔らかな愛が細胞の奥にまで染み渡り、その身が砕け散ろうとも私たちを癒し続けてくれるのです。

モルガナイトの世界に存在する全てのものが純粋で慈愛に満ち、微笑みを交わし合い尊重し合っています。訪問するならば、それまでの行い全てが無条件に許され、愛で迎え入れてくれる場所であることに感極まり、しばらく立ち上がる事が出来ないかもしれません。

そんなモルガナイトはあなたの最も純粋な部分に働きかけて愛を学ばせてくれます。初恋の記憶を甦らせるその場所めがけ「愛こそ全て」とささやき、心の衣服を脱ぐよう温かな陽射しをおくります。そのパワーは戦いの意味を忘れさせ、悲しみの理由を消滅させ、自分自身を愛せなかった原因を崩壊させます。自分を愛する事こそが他者と愛し合うために必要不可欠な事だったと理解させるのです。
そうしてこの石と過ごした後に残るものこそがあなたの全てとなり、モルガナイトはあなたの事を「愛するに値する人です」と周囲に知らせてくれることでしょう。

天然石について

天然石は、石特有のインクルージョン(液体や小さな結晶)が見られます。傷やヒビではございません。インクルージョンは人間でいう指紋のようなもので、種類や形は様々です。また、写真と比べ微妙な色の違いが見られることがあります。可能な限り現物に近い色での撮影を心がけておりますが、光の具合によって印象が変わるのは天然石の特徴でございます。予めご了承ください。

事前にご確認下さい

手作りで製作しておりますので、個々の石の色の濃淡や、配置、サイズ等が写真でご覧いただく状態と若干異なる場合がございます。なるべくお客様の印象と違わないよう様々な写真を掲載しておりますが、多少の差があることをご理解いただけますようお願い申し上げます。