ホーム > ブレスレット > Multi tourmaline chakra bracelet / マルチトルマリン

Multi tourmaline chakra bracelet(マルチトルマリン チャクラ ブレスレット)

  • 浄化済
  • チャージ済み
愛に平和に満たされた穏やかな気が、内外に充満していくように
ブラジル産のマルチトルマリンを、ブレスレットにしました。

2色以上からなる、ファンタジックなカラーグラデーションが魅力的な石です。その美しい石を、贅沢にも一連に紡ぎました。

透明感に溢れた石の美しさに思わず見入ってしまいます。さらに、石の一つ一つがバランスの良いボリューム感と均整の取れたフォルムを兼ね備え、エレガントにもカジュアルにもお使いいただける、存在感のある華やかなデザインに仕上がりました。

カラートーンや透明感は一粒一粒ごとに個性が感じられますが、お手元に届いた石たちにご縁を感じていただけたらと思います。

全てのものを慈しみ、愛情と共に幸福へと導く強さを持った石、マルチトルマリン。
多様な恩恵とあらゆる癒しを授けてくれる、マルチカラーならではの表情豊かな魅力を、ぜひこの機会にご堪能くださいませ。

.......
.
拡大 Prev Next

Details

マルチトルマリン
石サイズ 約3mm×約3.5mm〜約3.3mm×約5mm
素材 18金
サイズ 全長:約19.5cm
内周:約15.8cm〜約17.9cm
※アジャスターにて調節可能
※モデル手首周り14cm
備考

愛に平和に満たされた穏やかな気が、内外に充満していくようにMulti tourmaline chakra bracelet / マルチトルマリン

NEW

商品番号 BR180314-017

22,100円(税込)

数量
入荷お知らせメール
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

BASIC READING -パワーストーン基礎情報-

石のパワーポイント

全てのカラーに共通するパワー:浄化、癒し
マゼンダ:熱意、情熱、生命歓喜、性エネルギー
ピンク:愛情、優しさ、慈しみ、幸福
グリーン:平和、中立、謙虚、強さ
ブルー:感性、芸術性、精神的な成熟、優美

こんな効果を求める人に

  • 不要なエネルギーを浄化したい
  • 様々な恩恵を同時に得たい
  • ストレスを感じずに生きていたい

メンテナンスの仕方

スマッジング(セージ、お香)、月光浴、クリスタルクラスター、音叉、塩

結晶に熱を及ぼすと電気を帯びることにより和名で「電気石」と呼ばれ、トルマリンの語源はセイロン現地語にあたるシンハリ語の「色が混ざった石」を意味する「トルマリ/turmali」からきていると言われています。

トルマリンは多くの種類の色を持ち、またひとつの結晶の中にも様々な色と色の組み合わせが現れる多彩さで群を抜いています。その為それら全ての色や色の組み合わせの総称としてマルチカラートルマリンと紹介されています。

トルマリンから感じられる基本的なエネルギーからは、扱いにくいようなクセはありません。むしろ細やかな素晴らしい浄化作用をもち、共に過ごすことで不穏な感情や思考が取り除かれていくのを感じることでしょう。その繊維質を感じさせる癒しのパワーはなんとも心地よく、その上で色により様々な卓越した特性が加えられています。

例えば、ブラックカラーには防御力と大地との繋がりを強化するエネルギーがあり、マゼンダカラーには誕生や突き上げるような生命の歓びが、グリーンカラーからは中立さや不穏なものに振り回されない平和な感覚を維持出来る強さが表出し、ブルーカラーでは琴線に触れる芸術的なセンスや情感溢れる清らかな眼差しが色濃くあらわれ、ピンクカラーからは愛らしくもこぼれるような微笑みと満たされた感覚を教えてもらえる事でしょう。

どの色合いのものであろうともトルマリン同士がケンカすることがないため、気に入った色合いのものをそのまま身につけることが出来るので、多種多様な恩恵を同時に受け取ることが出来る素晴らしい石と言えます。

天然石について

天然石は、石特有のインクルージョン(液体や小さな結晶)が見られます。傷やヒビではございません。インクルージョンは人間でいう指紋のようなもので、種類や形は様々です。また、写真と比べ微妙な色の違いが見られることがあります。可能な限り現物に近い色での撮影を心がけておりますが、光の具合によって印象が変わるのは天然石の特徴でございます。予めご了承ください。

事前にご確認下さい

手作りで製作しておりますので、個々の石の色の濃淡や、配置、サイズ等が写真でご覧いただく状態と若干異なる場合がございます。なるべくお客様の印象と違わないよう様々な写真を掲載しておりますが、多少の差があることをご理解いただけますようお願い申し上げます。