ホーム > その他の石 > 夜光貝 > Labradorite × Great green shell bracelet /夜光貝、ラブラドライト

Labradorite × Great green shell bracelet(ラブラドライト × 夜光貝 ブレスレット)

  • 浄化済
  • チャージ済み
虹色のシャボン膜を超え、未知の閃きや能力を手に入れて
奄美大島で採れた夜光貝と、マダガスカル産のラブラドライトを組み合わせ、ブレスレットにしました。夜光貝のご紹介は、Hariqua(ハリックァ)では初めてのご紹介となります。

インド・太平洋域の熱帯・亜熱帯に生息する夜光貝は、大型の巻き貝で殻の内部には虹色の真珠層を持っています。古くから螺鈿(らでん)細工の材料として用いられており、正倉院宝物にも夜光貝を見つけることが出来ます。

そんな夜光貝の貝殻のなかでも、真珠層のレインボーカラーが特に美しく煌めく部分を切り出し研磨しました。 

シャンパンベージュカラーの夜光貝はシャボンのような淡い煌き、ラブラドライトはシラーによるブルーの煌きを纏い、なんとも幻想的な表情を放っています。

カジュアルな装いの中にも洗練された上品さを演出したいときには、特におすすめしたい商品です。

ガチガチに固まってしまった物質的な世界の見方を溶かし、顕在意識から変性意識へのアクセスを促すのが得意な夜光貝。夜光貝と共に在りすべての鎧を脱いだあなたは、本来の純粋な自分に触れ、今世に生を受けた本当の目的・使命を思い出すでしょう。ラブラドライトは、そんなあなたが意識の海に溺れないように、この星に結びつけてくれる役割をもっています。

光を受けて揺らぐように輝く2つの煌きを、ぜひお手元でご堪能ください。

※こちらは、<月暈のパール、虹の夜光貝>特集商品です。特集ページもぜひご覧くださいませ。

........
.
拡大 Prev Next

Details

ラブラドライト
夜光貝
石サイズ 夜光貝:約11.2mm
ラブラドライト:約3.2mm×約5.3〜約3.8mm×約6.4mm
素材 18K、ゴム
サイズ 内周:約15cm
※モデル手首周り14cm
備考

虹色のシャボン膜を超え、未知の閃きや能力を手に入れてLabradorite × Great green shell bracelet /夜光貝、ラブラドライト

商品番号 BR180912-021

18,900円(税込)

申し訳ございません。完売いたしました。

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

BASIC READING -パワーストーン基礎情報-

石のパワーポイント

深海原生林の休息、夢の印、誘眠、記憶や経験の昇華、変性意識、幽体離脱、止まり木/オアシス、自然界のヒーリング、避難場所、夢想、トランス、生体磁気シース、深海の宴、虹色のシャボン膜、生命の営み、多産、海王星、リミッター外し、ポジティブな振動、客観視、第6チャクラ、月

こんな効果を求める人に

  • 深海の原生林で浄化とチャージをしたい
  • 短時間で休息を得たい
  • 自然界の力で意識をヒーリングしたい
  • 夢のなかで新たな気づきと能力を得たい
  • オーラに鮮やかさと厚みを増したい
  • 海王星とリンクしたい
  • 月の力にリンクしたい
  • 状況を客観視する能力が欲しい
  • 多くの命を生み出したい
  • 全ての記憶も過去も昇華させたい
  • 考え過ぎを手放したい
  • 生命力を高めたい
  • 第6チャクラを活性化させたい

メンテナンスの仕方

スマッジング(セージ、お香)、月光浴、クリスタルクラスター、音叉、太陽光、塩、水

「ここは深海の宴をひらく、海の原生林。
漂う人間も、虫も、魚も動物たちも、すべてを受けいれます。
虹色のシャボン膜を超えて一緒に眺めましょう、泡から生まれる命のダンスを。
飲み干しましょう、闇の樹液を。

そうですか。荒く痛い波がありましたか。
痛みも大事です。強くなりますから。強き波が命を運び、
永遠の核をつくるのです。

いまは大丈夫ですね。
もっと四肢をのびやかにして、見てください。
海の止まり木に集まる光を。

聴こえますか?
美しい自分と出会う嬉し泣きの声が。
珊瑚を食む海底のリズムが。
高く大きな弧をえがくような、人魚たちの声が。」


夜光貝の世界は、一夜の夢のように美しく魅惑的です。
共に旅すれば、まるで憧れていた南の島へ行って帰ってきたような、不思議な満足感と達成感を覚えることでしょう。
瞼に焼きつく、美しい七色の膜の入り口。耳に残る立体的な自然音で構成される、実に不思議な音階と調べは、浄化とトリートメントを行う自然界のヒーリングを受けた証です。

変性意識になりやすい部分もあるので、意識を夜光貝に集中したり、一緒に瞑想を行ったりするタイミングには気を付けたほうがいいかもしれませんが、「夢の印」として、未知の閃きやあらゆる能力を持ち帰ってくるはずです。
自分や状況を俯瞰的に見えるようにもなるので、客観的な視点を手に入れたい人にも良いでしょう。幽体離脱を望む人にも、有効な働きをしてくれそうです。

また、夜光貝は記憶を整理し、昇華させる能力にも長けています。
たとえば苦い経験、辛かった記憶など。忘却を促してくれる石もありますが、夜光貝の世界では、それら全てを糧として取り込み、強さと輝きに変えてしまいます。

まるで眠るように、夢のように、精神を休ませてくれる夜光貝。
全てを受け入れ、飲み干してしまう大らかさと、絶え間ない命のせせらぎ。

目標や夢をもって進んでいる最中にも、未来が見えずに彷徨っているときにも休息は必要です。
太古より変わらない海の原生林で心身をほぐし、変わらず続けられている営みを感じることで、内にある力や記憶がポジティブな振動を起こしていくはずです。

満ち足りた夢のあとには、生命エネルギーが磁気のように集まり、あなたのオーラは色鮮やかに美しく、更なる重なりを魅せていくことでしょう。

BASIC READING -パワーストーン基礎情報-

石のパワーポイント

予言、天啓、天恵、啓示、配剤、直感、霊感、無私無偏、神秘、達観、覚悟、保護、守護、防御、閃き、解読、神出鬼没、観察者、メッセンジャー、使命、グラウンディング、信頼関係、真実、落ち着き、穏やかさ、解脱

こんな効果を求める人に

  • 霊性と肉体のバランスをとりたい
  • 直感を現実に結びつけていきたい
  • 物事の本質を見極めたい
  • 真実を自分の目で確かめたい
  • 天の助けを得たい
  • 守護されたい
  • 天のパワーを駆使したい
  • 人生を達観して過ごしたい
  • 地に足を着けて生きたい
  • 重要な使命・仕事を任されたい
  • 神出鬼没に重要な場面を見聞きしたい
  • 人から頼られるようになりたい
  • 信念を持って行動したい
  • 利己主義を手放したい
  • エゴを手放したい
  • 落ち着いた存在になりたい

メンテナンスの仕方

スマッジング(セージ、お香)、月光浴、クリスタルクラスター、音叉、塩

天と地を結びつける予言者のようなラブラドライトは、十戒で有名な「出エジプト記」のモーセを思い起こさせるところがあります。

紅海沿岸でエジプト軍に追いつめられたイスラエルの民を救うため、神の力で目前の海を二つに割り、皆が対岸へ渡れる道を作った御業は、まるでこの石のパワーをそのまま物語っているかのようです。

角度を変える度に、驚きを放つ輝きを浮かび上がらせる石独特の様子そのままに、物語の重要人物として神出鬼没に現れながら、霊感をたずさえ物語の登場人物たちに随所でヒントを与えていき、プロローグからエピローグまでを見届けていきます。

自分に与えられた聖なる啓示を必要とする者に与え、それによりストーリーが動き出し、その現実からも新たな直感を得ると共に出来事の本質や意味を読み取っていきます。
そしてまた新たに天啓を得ては天恵に浴することを繰り返し、丁寧にページをめくっていくのです。
他の者には見えていない高い視点と広い視野でこの世界を眺め、壮大な物語を浮かび上がらせていきます。

物語の一番の理解者であるラブラドライトは、曇りなきメッセージを与えると共に、この地で全てを見届ける使命を担っているため、その存在は強力に守られています。
最終章の前にその姿を消し去ろうとする者がいれば、天がそれを許しません。
この石と共に歩むあなたも同様に天の保護シールドに包まれ、悪意のある者や自身の邪念雑念から守られていくでしょう。

この石の影響によりあなたの中にも達観性が現れ、大地に根ざした重厚な物腰と卓越した理解力で人生と向き合えるようになっていきます。
利己心は影を潜め、無私無偏のその頭上に輝く虹色のひらめきは、世界に光を差し込み新たな物語を紡ぎだしていくことでしょう。

天然石について

天然石は、石特有のインクルージョン(液体や小さな結晶)が見られます。傷やヒビではございません。インクルージョンは人間でいう指紋のようなもので、種類や形は様々です。また、写真と比べ微妙な色の違いが見られることがあります。可能な限り現物に近い色での撮影を心がけておりますが、光の具合によって印象が変わるのは天然石の特徴でございます。予めご了承ください。

事前にご確認下さい

手作りで製作しておりますので、個々の石の色の濃淡や、配置、サイズ等が写真でご覧いただく状態と若干異なる場合がございます。なるべくお客様の印象と違わないよう様々な写真を掲載しておりますが、多少の差があることをご理解いただけますようお願い申し上げます。