石名から探す

は行

Phenakite フェナカイト

  • 世界中で出会った多くのヒーラーが、そのエネルギーを賞賛するフェナカイト。Hariquaでは、今から15年前に良質な原石やルースを数多く仕入れてきました。きっかけは、アメリカのレアストーン収集家が持っていた10ct以上ある変形カボションルースとの出会いでした。

    ダイヤモンドと見間違うほどの透明感はもちろん、その異質な存在感と、眉間の間をエネルギーがすっと通り抜けていくような感覚は今でも覚えています。そこから興味を深めたことで、世界中のフェナカイトを探求する旅が始まったといえるでしょう。

    バイヤー視点のフェナカイトの魅力をお伝えするならば、ひとつは、産地によって原石のフォルムや雰囲気、共生する他鉱物まで多様な個性があるところです。

    例えばミャンマー産の原石は、透明度の高い六角柱がスモーキークォーツと共生してみられることもあり、サイズこそ大きいものは少ないのですがポイント水晶のような結晶を多く取り出すことができます。原石のままジュエリーに仕立てられるため、プリミティブな魅力を残したチャームをいくつもご提供してきました。

    アクアマリンやフローライトなど、鮮やかな石と共生したブラジルのフェナカイトもフェアリーな雰囲気となり楽しいものです。 黒い母岩に入り込むようにみっしり重厚感のあるロシア産、ナイジェリアなどアフリカ大陸の大きく成長した結晶など、何度出会っていても見るだけで心躍ります。

  • フェナカイトは1833年にロシア・ウラル山脈のエメラルド鉱山で発見され、鉱物学者ニルス=グスタフ=ノルデンスキオルドによって名付けられました。

    現在ではロシア、マダガスカル、ナミビア、ブラジル、ミャンマー等から産出されています。

    フェナカイトは、ダイヤモンドに勝るとも劣らない素晴らしいテリを持つことから、ギリシャ語で欺く人を意味する「phenax」という語源をもっています。

    鉱物学的に見ればケイ酸ベリリウムの一種。ベリリウムは緑柱石(エメラルド)の中に存在します。そのため、フェナカイトもエメラルドやアクアマリンと鉱床を共にすることがあります。

    結晶は透明でガラス光沢を持ち、色は無色のものや黄色、ピンク色などが見られますが、高い透明度と輝きを備えたものは大変希少です。

  • フェナカイトは強く輝くエネルギーで不浄なものを消滅させ、周囲にまでも清浄な循環をもたらす石です。

    そのパワーは決して消えることのない無色透明な炎のように広がり、不要なものを瞬く間に焼き払います。その後にはあなたにとって必要な気付きや啓示といった真に価値のあるものだけが残り、キラキラと輝いているはずです。

    手を伸ばしてこの石のスパークするエネルギーに触れれば、電撃のように激しく、それでいて心地よい衝撃を感じるでしょう。 すべての煩悩は即座に打ち砕かれ、不浄なものは四方八方に飛び散って消え失せてしまいます。

    髪は電気を帯びたように逆立ち、額の中央にある第三の眼がひらくはずです。高みへと上昇していく爽快感を味わいながら、あなたを形作っている各エネルギーセンターは下から上へと順に浄化され、統合されて、頭頂部で一気に花開くことでしょう。

    霊的アンテナは精度を増し、超感覚までもが研ぎ澄まされていきます。また内なる眼がひらくことによって、アセンデッドマスター達が見てきた世界を目の当たりにするはずです。

    不要なものが削ぎ落とされ、必要なものへの感度を増したあなたの体は軽やかさを取り戻し、無駄な力を使うことなく望むものを手にすることができるようになります。 自分でも驚くほどのスピードで事が運び、思いのほかあっさりと願いがかなっているということもあるでしょう。

    圧倒的なエネルギーで浄化と気付きをもたらし、悩みや恐れから解き放ってくれるフェナカイトは、あなたにとってこの上ない友となるはずです。

並び替え
65件中 1-30件表示
1 2 3

秘めたスター性が花開き、何事も超然と成し遂げてゆく Black spinel × Phenakite ring 1.20 /ブラックスピネル、フェナカイト

魂は高みへと至り、スピリットたちと同じ次元を共有 Phenakite ring 5.80 /フェナカイト

自他の境界線が明確になり、揺るぎない自信と信念を喚起 Diaspore × Phenakite ring 1.47 /ダイアスポア、フェナカイト

並び替え
65件中 1-30件表示
1 2 3