Glorious Pink of Australia オーストラリア 愛と創造のストーン

アーガイルピンクダイヤモンド はじまりから終わりへの旅

アーガイル鉱山でピンクダイヤモンドが発見されたのは、そこまで昔のことではありません。
1979年に、大陸のはるか北西にある広大な砂漠地帯を旅する地質学者のグループが、
蟻塚の中に光る煌めきを見つけたのが始まりです。

ダイヤモンドは地球の中心から数十億年の旅を経て、現代というこの時代にようやく顔を出しました。
その途方もなく長い旅に思いを馳せると、自然界がもたらす素晴らしい神秘や奇跡を感じずにはいられません。

しかし、そんな旅を経てアーガイル鉱山の地上に顔を出したダイヤモンドは、
その美しさと希少さから大規模な採掘が行われ、あと数年で鉱山が閉じられることが決定しています。
この地でのピンクダイヤモンドの旅は、もうすぐ終わりを告げようとしているのです。

その前にもう少しだけ、美しいアーガイルピンクダイヤモンドをお客様にお届けしたい。
そんな願いから、今回の私たちの旅が始まりました。

思い出深いのは、オーストラリアの空と平原がピンク色に染まる夕闇の時間。
そしてワニも棲息する湿地帯に優雅に咲き誇る、一面のスイレンたち。

ノーザンテリトリーを車で走り抜ける途中で目にしたのは、荒涼とした赤茶色の大地と、自然発火するくらいに熱せられたユーカリの乾いた木々ばかり。
その中で目に入ってくる優しいピンク色は、何よりも強くありながら、何よりも優しい愛の確固たる輝きに満ちているように感じたのです。

この地で産まれるピンクダイヤモンドの美しさは、このような環境にあるからこそ育まれているものなのかもしれない・・・そう思わせてくれる体験でした。

そんな旅の中から選び出された、8つのピンクダイヤモンドたち。
今回は全てにアーガイル鉱山より産出されたという証明IDを記した鑑別書と、ヒーラーによるリーディング証書、そしてエネルギーにふさわしいストーンネームも付けています。

鉱山採掘がはじまった当時から、地元で特別にアーガイルダイヤモンドを販売する権利を有する老舗カンパニーの社長Jimさん(右)。

2013年に産出されたダイヤモンドのなかで、特にクオリティが高いルースとして上位にランキングされたスペシャルなストーン。

Argyle Pinkdiamond セミオーダー/鑑定書、ヒーラーによるリーディング証書付き 8人のスピリットを宿すピンクダイヤモンド

その他のピンクダイヤモンド商品

Creative Jewelry 創造の精霊、太古のエネルギーが宿る 新作ジュエリー。

その他のオーストラリア商品
PAGE TOP